twitterのお題タグで「#今週の鉄道擬人化」というのがあります。
一週間に一度、そのお題に従ってイラストを描くというものですが、締め切りのないイラスト描きはダラダラしてしまうので、このタグの締め切りを意識しつつ、イラストおよび薄い本の原稿更新を行っております。

ただテーマによっては描けないものとか、あるいは別の仕事が立て込んでると進行が大幅に遅れる、または様々な事情で色塗りフェーズ手前でボツになったものなどもあり、なかなか最初の期待どおりには進めていない自分がいます。

こういったのは気楽に楽しむべきなんでしょうけどね。

とりあえず直近でアップしたものをいくつか。
それ以前は、また別の機会にでも。
fullsizeoutput_a78
テーマは「褪せない記憶」。それ用にこのイラストをチョイスした理由。それは、ワタシの鉄道擬人化の原点は高千穂鉄道で、「がんばろう高千穂鉄道」のステッカーを作ったのがその最初だったためです。
「TR-402・あまのうずめ」はグリーンをベースとしたもの。
当時、個人的にキャラクターを描き分ける能力も何もなかったもので(これは今でもあまり変わらないけど)、別の駅キャラ(榎原駅)として使っていた人物(よわらさん)を着せ替えのみで登場させ、「実は双子だった」などと意味のわからない弁明をしてた記憶があります。 
高千穂鉄道が廃止になり、あの風光明媚な車窓は失われましたが、車両はJR九州へ移り、「海幸山幸」として日南線を走っているのを見るにつけ、ワタシが以前弁明してた「実は双子だった」が、ある意味実現したのではないかと勝手にほくそ笑んでおります(笑

IMG_7483
テーマは「流線形」。「形」の変換で「流線形」になったり「流線型」になってたりで、ちょっとタグが混乱してたようでしたが、それはま、どうでもいいとして。
イラストはいろいろ考えたあげく、「流線形擬人化」に対する個人的な偏見をあててみました。実際には胸を強調するようなコスプレはあまり存在しないとは思いますが、話のネタとして使ってみた次第です。
ちなみにこの885系コスプレは、「よろづのかるみ」の最初期のものでして、現在のものと比べるとやたらとフリフリしてるのが特徴です。

IMG_7484
 テーマは「単線区間」。ただし人物がサムライになっているのは全く関係ありません(単線なのに刀は二本差ししている矛盾はあるんですが)。
「単線区間の多い肥薩おれんじ鉄道」はいいのですが、擬人化のコスが今はなき「さっぴいふるさと」号になっており、いろいろな意味で問題点の多い一枚ではあります。はい。「必殺!! 俺ン家鉄道」というのもなんだかなぁ、ですね。その昔の「必殺仕事人」を知らなければあんまり笑えないネタです。歳がバレます。